風水で開運!今すぐ役立つ風水開運術



風水には、自然のリズムと調和しながら、自然からのエネルギー、つまり「気」のパワーを享受するための知恵が秘められています。
風水の目的は、「気」を上手く利用して運気を上昇させることです。
日々の生活に風水パワーを取り入れることで、驚くほど運(ツキ)を引き寄せることができます。

「自分はいつもツイていない」「夢なんてかなわない」「お金に好かれていない」「恋愛はもうあきらめた」とネガティブ思考になっている方!
生活環境を変えて「運」とか「ツキ」にこだわっでみませんか?

風水で環境を変えるということは、「心」を明るくして前向きになることです。
“環境と心がぴったりと寄り添う”ことで、風水のパワーはよりパワーアップするのです。

ただし、家の中を風水の法則によって完璧にしようとするには無理がありますので、 重要なポイントを中心に5割程度に風水を用いることが風水を成功させる秘訣といえます。

風水で開運するための風水活用法には、基本的なポイントがあります。
良い「気」を家に呼び込むためには、
@採光を整えること、A水廻りをきれいにすること、B騒音がないこと、C悪臭がしないこと、D風通しがよいことが基本条件になります。

まずは、玄関とトイレとキッチンを優先させましょう。特に玄関はすべての「気」の入り口なので、意識しましょう。

風水グッズに頼る前に、まずは環境を整えることが優先です。
それから、風水グッズを活用すれば、さらに運気アップにつながります。


そもそも風水とは?

今や生活の中に積極的に取り入れられている風水ですが、日本の風水は、どちらかというと占い的な要素が入ったものが主流です。
例えば、風水を用いて玄関の位置や間取りで家相を見たり、お部屋のインテリアの配置や色、方位を診断して、恋愛運、金運、仕事運などの運気アップのために、風水グッズや色風水を取り入れたりしますね。

では、そもそも風水の起源とはどんなものなのでしょうか?

風水とは、もともと風土や水、方位との関係から安住の地を選定したり、お墓に適する場所を判断するなど、地理学的な学問と捉えられ利用されてきた古代中国の秘術です。
本来、風水は国を興す土地を見つけるための術とされ皇帝が学ぶ学問でしたが、それが庶民の間にも広まったものです。
その当時の人々にとって風水とは、風・土・水などの大自然と人間がうまく共存していくための大切な知恵だったのです。


今日本に伝わっている風水は、中国本来の古典を基にしたものとはちょっと違っているようですが、自然からのエネルギー、つまり「気」をうまく活用して運気を上昇させるという考え方に変わりはないようです。
風水では、住居や事務所・店舗など人が生活に使うところを「陽宅」と呼び、これに対して墓所を「陰宅」と呼びます。
どちらも重要と考え、陰宅を改善することが「徳」を高めることとつながるとされています。

【超・大金運法】カ ン タ ン ! 飾 る だ け 風 水 裏 技